ねこの待ちぼうけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝つきの改善法

もう、メモするしかない内容だったので

「あるある大辞典Ⅱ」2006年8月13日放送より

『睡眠の科学』

 タイプ1…脳がクールダウンできない時(考え事で眠れない) 。

 タオルで巻いた氷枕で、後頭部を2時間ほど冷やす。
 (首は、冷やさないように注意)


 頭の中が、活発に動いてると寝つきが悪くなる。
 単純だけど、冷やす事で脳の働きを抑える事が出来るらしい。
 冷やしすぎてもいけないらしいので、ちっちゃいタイプの保冷材を使えば、
 寝ちゃっても大丈夫ぽい。


 タイプ2…冷え性・運動不足の人 。

 手ゆび・足ゆびバウアー体操を、寝る10分前に10回程度行う

 腕を肩の高さに上げ、手首を反らしもう片方の手で指を全体的につかみ、
 ゆっくりと反らす。
 足を、肩幅に開き、つま先立ちを、ゆっくりと10回行う。


 やっぱり、冷え性って何事につけ身体には良くないんですね。
 回数は多くて大丈夫。半身浴も、軽いストレッチも効果あり。
 手足を、ぐるぐる回したり、足つぼマッサージも効くかも。


 トウモロコシは、睡眠システムの働きをサポート 。

 トウモロコシを、つぶしたり、刻んだりして食べる。

 吸収率には、繊維質の皮が邪魔らしいです。
 「メラトニン」がいいらしい。加齢により減少する・・・泣
 「ルテイン」も含まれてるので、目にもよろしい。


寝ても寝まくっても、疲れが取れない人は、やってみる価値あるかも。


前は良く見てた、フジテレビの「あるある大辞典」ですが、、
最近は、とんとご無沙汰でした。

でもCMで、『睡眠の科学』とある。

ひどい時には、何時間も寝付けないnekoboke
最悪、布団に入ってもほとんど寝られず、休みの日に縛睡を繰り返し、
もちろん、昼間はボ~~としてるです。
眠い!って思った瞬間に寝られないと、おしまいですから。


これは、見なければ!!


録画してて良かった。

体温調整がうまく働いてないと、寝つきが悪くなるらしい。

眠りの質が悪いと、睡眠をちゃんと取ってるつもりで、全然疲れ物質が
減ってないという検証もされてたし。

つまり、意味のない眠りをしてたわけだ。

のぼせ体質のnekoboke的には、経験的にも納得。

説明にも思い当たるふしが、バリバリであります。

頭は冷やして、足は暖める。のは、勉強の時だけじゃないのか。




今日から早速実践するです。



・・・問題は、隣の音だけです。

昼・夜・深夜関係なく、ずんどこ音楽を流してるお隣さん

もうちょっと、音量絞ってください。まじで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ssdekakinotane.blog55.fc2.com/tb.php/19-653d8123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。